子供(小児)の歯列矯正について

咬合育成 歯並びを育てる


永久歯への生え替わりの時期は、歯ならびが発育する時期です。
発育が不十分になると、将来歯ならびが悪くなる確率が高まります。
不十分になったり、バランスが悪くなった歯ならびの発育を、正常に導く治療が「咬合育成」です。

お子様の歯ならびを育てる

顎の発育が不十分なために生えてきた永久歯が歪んでいます。

「咬合育成」により顎の発育を促すと、きれいな永久歯の歯ならびが完成します。

お子様の歯並びが気になったら
「咬合育成」が必要かお尋ねください。



現在位置:ホーム > 子供(小児)の歯列矯正について