よくある質問と回答

よくある質問と回答のトップ »» 矯正治療中の歯磨きについての疑問

目次


矯正治療中の歯みがきはどのようにすればよいですか
歯列矯正の治療中、特にマルチブラケットという一本ずつの歯に矯正器具を接着剤で貼り付けて、ワイヤを通して治療する装置をつけている時は、歯みがきはもちろん、食事も装置が付いたままの状態でしていただくことになります。

食事の後は、食べかすなどが装置に引っ掛かりやすく、また入り組んだ形の所はプラークという虫歯や歯周病の原因となる汚れもたまりやすくなります。

それらのトラブルを確実に予防する方法は日々適切な歯みがきをおこなうことです。

まず歯ブラシですが、歯ブラシの毛が植わっている部分が小さく、矯正装置のすき間にも入り込みやすいような形に工夫されている矯正治療中専用のものを使用するのが望ましいですが、もし入手が難しい場合には、市販のものでも出来るだけ歯ブラシの毛が植わっている部分の小さいもの(場合によっては幼児用でも可)を使用しましょう。

矯正器具に対し、垂直方向から歯ブラシを当てるだけだと、装置の入り組んだ部分の汚れを落とすことが出来ません。
45度ぐらい斜めの角度をつけて歯ブラシを当てましょう。また一方向だけでなく、可能な限りいろいろな方向から歯ブラシを当ててください。

動かし方はできるだけ短いストロークで細かく動かして磨いてください。歯ブラシの毛先が装置の入り組んだ狭い隙間にも入り込むようにして磨きましょう。
歯みがきの回数はどれぐらい
歯みがきの回数は、基本的には食事やおやつなど何か食べた後は必ず歯みがきをしていただいた方がよいです。
それは、矯正器具が口の中に付くとどうしても食べかすなどが器具に引っ掛かり口の中に残ってしまうからです。
ただ、外食する時など、食後すぐには磨きが出来ないような状況も多々あるかと思います。
そのような時でも食べかすだけでもなるべく早い段階で取り除くようにしてください。
矯正治療中でない場合、食べかすなどは爪楊枝を使うことが多いと思います。しかし、矯正器具が付いている状態で爪楊枝を使うと矯正器具を壊してしまったりすることもあります。
できれば、外で食事をする時などは歯間ブラシを持ち歩いていただき、食後爪楊枝代わりに歯間ブラシを用いて食べかすは取り除くようにしてください。
歯間ブラシは歯ブラシと同様の毛が細く柔らかい針金に植え込んであり、矯正器具の間などに通しても、矯正器具を壊してしまう恐れは殆どありません。
一回の歯みがきにかける時間はどれぐらい良いの
みなさん、普段の歯みがき、一回にかける時間はどれぐらいですか?
2〜3分ぐらいの人が最も多いのではないでしょうか

実はそこに大きな落とし穴があるんです。
歯磨きをしている=歯が磨けている、ではないのです。

ちょっと汚い例えで申し訳ないのですが、少し想像してみてください。

台所の流しにある三角コーナー、しばらく使っているとカビなどで黒ずんできますよね
それをきれいにピッカピカに磨くのに、どのくらい時間がかかりますか

恐らく網目状になっているところまできれいにしようと思うと10〜30分位かかってしまうこともあるでしょう。

口の中、歯に付いている汚れ「プラーク」は、虫歯菌や歯周病菌が増殖して、塊をつくったもの、「バイオフィルム」といって、三角コーナーにつく黒ずみとよく似たものなのです。
ただ白っぽい色をしていて目立ちにくいので、ついつい十分に落とせていなくても歯磨きをすれば落とせたような気持ちになってしまう恐れがあるのです。

歯磨きも是非15分以上かけて隅々まで磨き残し無くしてみてください。

一日2,3回歯磨きをする人が多いと思います。都度の歯磨きに十分な時間をかけるのは難しい方、一日、最低一回は十分に歯磨きに時間をかけるようにしましょう。
矯正治療中の電動歯磨きの使用について教えてください
電気屋さんの店頭で電動歯磨きの数や種類は驚くほど増えましたよね
使ってみると割と便利、
手動で歯磨きをするより結構効率的に歯磨きが出来ます。

でも注意してください。
・歯ブラシを動かす力が強いので間違った使い方をすると「歯茎を傷つける」
また、場合によっては歯の歯茎に近いところの硬いエナメル質が途切れたところだと「歯が削れる」恐れもあります。
・歯ブラシの動きが単純(機械なのであたりまえなのですが)入りくんだところ、歯並びが悪いところなどはうまく歯ブラシが届かず磨けないところがでて来やすいのです。

従って、電動歯ブラシだけで歯磨きを済ませてしまうのは危険です。
電動歯ブラシで歯磨きをした後、細かい部分は普通の歯ブラシで仕上げ磨きをしてください。

電動歯ブラシには大きく分類して2種類のものがあります。
・歯ブラシをモーターなどで直接動かすタイプのもの、
・歯ブラシを特殊な装置で振動させるもの「音波歯ブラシ」「超音波歯ブラシ」などと呼ばれているもの
前者は矯正器具がついている状態で使用すると器具に歯ブラシの毛が引っ掛かったりした際に無理な力が掛かって矯正器具を壊す恐れがありますので、気を付けてください。
矯正治療中はどんな歯ブラシを使えばよいですか。
矯正装置は小さく、複雑な形をしています。汚れが入り込む場所もやはり狭く複雑なところが多いです。
その汚れをしっかりと落とすには先端が小さい歯ブラシが望ましいです。またはブラシの毛は柔らかいものですとなかなか細かい隙間の奥まで毛先を届かせることが難しくなりますので、やや堅めのものをチョイスしてください。しかし、あまり堅めのものは歯磨きの時に歯茎を傷つけてしまう恐れがありますので、極端なものは避けた方がよいでしょう。
理想的にはやはり矯正治療専用の歯ブラシがよいです。
当院では下の写真のような先端が小さく縦に山切りになっているものをお勧めしています。

2040矯正専用歯ブラシ


通常のドラッグストアなどではほとんど扱っていませんが、当院の受付にて1本270円にて販売しておりますので、ご入用の方はご連絡下さい。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
現在位置:ホーム > よくあるご質問