よくある質問と回答

よくある質問と回答のトップ »» 矯正治療で治せるかについての疑問

目次


大人でも矯正治療はできるのでしょうか
歯に適切な力を掛けると、歯茎の骨の中を歯が動いていくという特性は年齢に関係なく皆さんが持っているのです。

ただし時には、歯や歯茎が病的な状態になって、その特性が失われていることがある場合もあります。

そのために矯正治療を開始する前にしっかりとした検査が必要なのですが、歯や歯茎の健康状態がある程度保たれていれば(多少の歯槽膿漏や、虫歯が何本かあっても適切な処置を行えば問題なく矯正治療はできます)矯正治療はできますのでご安心下さい。
矯正治療と他の治療方法との違いは
歯ならびを直す治療方法としては矯正治療以外にもさし歯や、インプラントを利用したもの、美容整形など外科手術で治す方法などいろいろな方法があります。それらの方法は通常矯正治療で直すよりも治療に掛かる期間が短くてすみます。

一方、矯正治療の場合、その歯の移動のスピードが非常にゆっくりである為にどうしてもある程度の治療期間が掛かってしまいます。

しかし、人間が持って生まれた本物の歯を最大限に生かす方法が矯正治療です。さし歯など人工のものは年々材料や技術が向上し、非常に良いものが作れるようにはなっていますが、元々の健康な歯に勝るものはありません。
さし歯のところも矯正治療できますか
さし歯でも、その歯の根と歯ぐきが健康であれば、歯の移動は歯の根と歯槽骨(歯を支えている骨)の間で生じる組織変化によって起こりますので、矯正治療は可能です。

ただし矯正治療後さし歯を作り替える必要がある場合もあります。
虫歯で抜いてしまった歯があるのですが矯正治療はできますか
虫歯のため歯を抜いてしまってできたすき間は状態によっては治療後足りない歯を補う処置たとえばブリッジなどをする必要がある場合もありますが矯正治療は可能です。
歯ぎしりや強く噛みしめる癖があるのですが治療に支障がありますか
歯ぎしりや強く噛みしめる癖は矯正治療に直接は大きな影響はありませんが、病的な歯ぎしりやくいしばりは歯、歯ぐきや口の周囲の組織にとって大変有害ですので、歯医者さんに相談してみて下さい。
治療が終わった後、また歯ならびが悪くなることがあるのですか
矯正治療によって移動した歯はもとあった位置に戻ろうとするかとがあります。

このため治療後に後戻りを防ぐリテイナー(保定装置)という取り外しの装置を歯が移動した位置で十分に安定するまで使います。

安定するまでの期間や後戻りのおこり易さは個人差がありますので。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
現在位置:ホーム > よくあるご質問