よくある質問と回答

よくある質問と回答のトップ »» 舌側矯正についての疑問

目次


誰でも舌側矯正で治療できるのですか
ほとんどの方は舌側矯正で治療できます。治療できない場合はごくまれです。あなたの治療に舌側矯正が適用できるかはご相談下さい。
舌側矯正の治療費は高いですか
通常の外側につける装置での治療よりも高くなります。舌側矯正での治療には特別な装置と技術が必要だからです。詳しくは別項の舌側矯正治療費用の覧をご覧下さい。
舌側矯正で治療すると、表側につける装置での治療より治療期間が長くかかりますか
いいえ、治療期間は外側につける装置とほぼ同じです。症状によっては舌側矯正のほうが早く治ることもあります。
舌側矯正は外側につける装置よりも違和感が大きいですか
最初の違和感は外側につける装置と同じ程度です。違いは舌側矯正装置は舌に当たり、外側につける装置は頬と唇に当たるというところです。普通は装置をつけてから1週間から2週間で慣れて違和感はなくなります。
舌側矯正だと話しにくくなりますか
矯正装置を付けると最初は話しにくくなります。話しにくくなる程度は患者さんの歯並びの状態や話し方の癖などによって違います。しかし、話しにくさは一時的なもので一週間ほどで普通に話せるようになります。
『舌側矯正』ってどんな治療ですか
歯の裏表を、歯科用語で”唇側”(歯のくちびる側なので表面のこと)、”舌側”(歯の舌がある側、すなわち裏面のこと)と呼びます。
『舌側矯正』とは、矯正器具を歯の裏面に取り付けて治療する方法です。

歯列矯正の治療中、歯にはいくつもの器具を取り付ける必要があります。
それらの多くは特殊な接着剤で、歯に固定されていますので、一日中お口の中にあります。
近年ではセラミックなどの材料も改良がなされ、全て金属製であった昔と比べると器具自体も人目に付きにくい色合いになってきていますが、歯の表が歯に着ける限り、どうしても人目が気になってしまうこともあるでしょう。
そのような矯正器具を、歯の裏側につけることにより、治療期間中も全く人目を気にせずに生活していただくことが出来る治療方法です。

社会に出て、日々いろいろな方と接する機会が多い大人の方でも気兼ねなく治療が受けられます。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
現在位置:ホーム > よくあるご質問