歯列矯正・歯科用語辞典

頭文字(イニシャル)別、索引
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて

抜歯矯正治療

ばっしきょうせいちりょう
はたして、矯正歯科治療において、非抜歯が良いのでしょうか、抜歯がよいのでしょうか?
もちろん、健全な虫歯にもなっていない歯を抜くという行為は、それなりのデメリットはあります。
矯正歯科治療によって、それ以上のメリットがなければ歯を抜く事の正当性は失われてしまいます。
歯並びや、噛み合わせの不正の改善を求めて矯正歯科医院を受診される方のうち、成人の方に焦点を当ててみましょう。
不正咬合はもちろんただ一つの原因からなる事はまれで、いくつかの原因が重なり合って不正咬合は生まれてきますが、実際には多くの方で共通する原因として、歯の大きさが顎や歯茎の骨の大きさに対して大きすぎるという問題です。
まだ成長発育の途中にあるお子さまの場合であれば、その成長のポテンシャルを利用して、小さい顎を大きく発育するように発育促進の力を矯正装置によって掛ける事により、成長終了後においては歯と顎の大きさの調和がとれる状態に誘導する事が可能な場合が多々あります。しかし、成人の場合は既に骨格は完成しております。
非抜歯にて歯と顎の大きさの不調和のある成人の矯正治療を行うと言う事は、不正咬合の原因には手を付けずに残したまま歯を動かして見た目の部分のみを装う行為(これは治療とはいえないでしょう)に他なりません。
何でも非抜歯で治療ができるという事は決してないのです。
参考文献:
関連サイト:
Powered by Xwords  based on Wordbook
サイト内検索